水虫にお悩みの方へ

原因や治療方法、再発しない為の予防法を分かりやすく解説します

水虫としもやけの違い

冬になるといつの間にか足の指先がぷっくら膨らんでいた。
そんな経験、あると思います。
かゆい症状からつい水虫!?と疑ってしまうかもしれませんね。
そこで、水虫としもやけの違いについて詳しく触れてみます。
そもそも【しもやけ】とは

  • 血の流れが悪くなって起きる炎症現象
  • 激しい気温の変化によって起こる
  • あったかいお家の中から、寒い外に出て帰ってきたらかゆくなる。
    自然現象なので、治療方法や対策も水虫とは当然、変わってきます。

    【治療方法】
  • フットバスやお風呂に入ってゆっくり温める
  • 足裏マッサージなどで血行を良くする
  • ※揉み過ぎると手足の筋肉や神経を痛めますので、ほどよい加減でお願いします。

    【対策】
  • なるべく肌を露出させない
  • 雪かきや雨で濡れた手足をそのままにしない
  • ビタミンEを摂取する
  • 尚、食べ物では、ほうれん草・かぼちゃ・梅・ブルーベリーなど
    基本、冬の旬な食べ物に多く含まれていると覚えておけばいいと思います。
    ※みかんはビタミンC(その中にちょっとだけビタミンEは含まれています)が豊富なので、
    食べすぎるとお腹を壊すのでほどほどに!

    しもやけは菌ではないので、感染しません。
    しかし、濡れたまま放置するとそこから雑菌が繁殖して・・・
    水虫を患う可能性はあります。
    水虫としもやけのどちらにも言える対策は
    【濡れたらすぐスプレー式消毒用エタノールで消毒する】
    冬場はこれを徹底しておきましょう!



    次ページ