水虫にお悩みの方へ

原因や治療方法、再発しない為の予防法を分かりやすく解説します

海でゴミ拾いしつつ、水虫治療してみませんか?

夏といえば、海ですよね!
気が済むまで海辺で浮き輪に乗ってぷかぷか泳いでもよし!
みんなでスイカを割ったり、焼きそばをほおばってもよし!
日がくれるまでたっぷり遊んで帰ろうとした時、
浜辺がゴミだらけで気分台無しになった記憶がありませんか?

これは、自分だけなら誰か拾って捨てるだろうから、構わないだろう。
遊びに来た人々がみんな「誰かが捨てる」と思い込んだ結果です。

しかし、なぜか朝には再び、海岸沿いがきれいになっています。
一体、だれが掃除したのでしょうか?
答えは地元でお店をやっている人や近隣の小学生、その他ボランティアで集まった方々です。

私も休日に一度、参加した事がありますが、結構なゴミの量と肉体労働にたまげました。
水虫はおよそ60度以上の熱で死滅します。
まして、真夏の暑い時間帯。
海水から遠い砂場は70度近くにまで上がる。と聞いています。
火傷しないように、かつ「通気性を確保」兼ねて 【国産】竹皮健康草履

を履いて、ゴミ拾いをしてみたら?
これって立派な水虫の民間療法になりませんかね?

熱中症などかからないよう、必ず帽子を被って、こまめに水分補給を行って下さい。
ちなみに、私がボランティアに参加したその夜、体重を量ったところ、3キロほど痩せていました。
運動不足や体重減少に悩んでいる人にとっても、ゴミ拾いボランティアは効果あるかもしれません(苦笑)


次ページ