水虫にお悩みの方へ

原因や治療方法、再発しない為の予防法を分かりやすく解説します

爪の中まで侵食されたら末期症状!

足に付着した白癬菌は放置し続けると
いずれ爪の中にまで入り込んでしまいます。

爪は無残にも割れ、白い点々があちらこちらに表れます。
やがて黄色→黒色と変化します。
白い斑点ならば、速やかに爪を切り、くまなく消毒して塗り薬を塗れば治る可能性があります。

しかし、黒色まで進行してしまうと
もう薬局で販売している水虫薬での治療は無理です。
諦めて病院に行き、速やかに受診して下さい。
それでも放置し続けると体内に菌が入り込んで最悪、死に至る病気に発展します。
末期での治療方法は、抗真菌薬を飲み体内から白癬菌を退治する事になります。

たかが水虫。などと侮り、足の指が壊死してしまった患者の実例があります。
本当に取り返しのつかない事になる前に
水虫なんて恥ずかしい!
なんて言わずに、皮膚科の病院に診てもらいましょう。


次ページ