水虫にお悩みの方へ

原因や治療方法、再発しない為の予防法を分かりやすく解説します

熱で水虫菌を撃退しよう!

焚き火

新社会人となった方は、学生時代に比べて革靴を履く機会が増えたと思います。
慣れない仕事、どことなくかゆみを足元から感じる。
おめでとうございます!?
気づけばあなたも立派な水虫持ちとなりました(涙)
放置すると水虫は爪の中にまで入り込んでいきます。
そうなると市販薬や、流通している民間療法では治りません。
病院に行って抗生物質を処方して、飲む治療法となります。
それは勘弁願いたい! という方へ
水虫は病気と一緒で、早めの予防・治療を心がければ病院に行かずに済みます。
こちらのページでは、早い段階で気づいて、
やや強引に感知させてしまった方のお話を紹介します。

水虫(白癬菌)は、熱に弱いと言う弱点を持っています。
そう。
大胆にも、焚き火の火に足を当て、水虫を炙って治してしまったそうです(苦笑)
その方は痛みを感じない程度に、かなり足の皮膚が分厚かったそうです。
だからこそ、出来た荒治療とも言えます。
まだ皮膚が柔らかい人は、火傷しますので絶対に真似をしてはいけません!
ん~、肉体労働系で足の裏はガッチガチに固いから大丈夫だよ。
という方だけ、こっそり一人でキャンプに行った時にでも、お試しあれ。
※もちろん、火の後始末を忘れずに!
家でやると火事になる可能性が高いです。
上記の方法は、延焼しない・他人に迷惑を賭けない場所でのみ実践して下さい。

ただ・・・そんな熱い思いをするよりも、
日々こつこつエタノールで消毒したほうが安全、かつ確実に水虫を改善出来るじゃん!
私はこの話を聞いた時、心の中で思わずそうツッコミを入れてしまいました(苦笑)



次ページ